• ホーム
  • トリキュラーの処方と避妊の限界時期について

トリキュラーの処方と避妊の限界時期について

薬を飲む女性

トリキュラーの処方に関しては、婦人科などを受診して血液検査やカウンセリングを受けてから薬を受け取ることで安全にトリキュラーを服用することができます。
しかし、個人輸入代行業者から購入して自分の判断で服用していると副作用についての相談や避妊の限界時期についてのアドバイスを聞くことができないので、大きなデメリットになります。
トリキュラーは低用量ピルなので安全性が高いのですが、女性の体を妊娠状態にする作用があるので、妊娠中の女性に特有の血栓症のリスクなどが副作用として出る可能性があります。
血栓症のリスクに関しては年齢には関係ありませんが、喫煙をしているとリスクが2倍になるので、医療機関ではピルを処方してもらえない場合があります。

個人輸入代行業者から購入する場合にも血栓症のリスクに関して把握しておかないと危険な場合があります。
ピルを服用する年齢は20代から40代までで、生理が続いている期間は服用することができますが、更年期障害などを予防することができるので、子宮筋腫などの症状の改善のために服用している女性も数多くいます。
基本的にトリキュラーなどの低用量ピルは自由診療なので、健康保険による割引がないので、個人輸入で購入しても同じくらいの価格になりますが、血液検査や定期検診などを受けないと副作用や血栓症のリスクがあるので、最初の段階では医療機関を受診する必要があります。

外国の調査で、血栓症や乳がん、子宮頸がんの発生する可能性が高くなるとの報告があります。 長期服用する人は、問診と検診(血圧測定、臨床検査、乳房・腹部の検査)を6カ月ごとに、婦人科検査を1年に1回以上、子宮頸がん検診を1年に1回受けましょう。 また乳房のしこりの自己チェックを行いましょう。

引用元:【公式】トリキュラー12箱セット(1年分)|あんしん通販マート

また飲み忘れが多い場合には毎日服用するタイプのトリキュラーもあるので、生理の周期などを考えずに服用することができます。
ピルの飲み忘れは体に負担になるだけでなく、その後の2週間は避妊の効果がなくなるので、飲み忘れた場合には24時間以内ならば2錠服用すると避妊効果が続きます。

関連記事
トリキュラー服用で白髪が増えたのは副作用のせい? 2019年09月19日

トリキュラーは女性ホルモンのバランスを取るために、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを配合した三相性低用量ピルです。トリキュラーでは3段階でホルモン量を調節することで、...

トリキュラーの産婦人科での購入と月経異常度 2019年10月09日

月経異常には、月経周期の異常、出血量の異常、月経持続期間の異常、月経痛などの症状があります。これらの症状があれば、産婦人科を受診し、原因となる疾患がないか検査し...

トリキュラーの偽物にはご注意を 2019年08月11日

低用量ピルの1つであるトリキュラーを購入するには、医療機関で処方してもらうか通信販売を利用する方法があります。特に通信販売では海外から輸入代行し、販売するのです...

トリキュラーを通販購入で安全に利用するには 2019年07月28日

トリキュラーは低用量ピルの1つで医療機関で処方してもらえる他、通信販売でも購入することが出来ます。通信販売でトリキュラーを購入する際には、医師による診察や検査を...